ルパン一族の秘宝 リヨン 、他…." />

アンリエット・ダントレーグ

発行者: 08.09.2021

とーぜん、怒り心頭のカトリックは王アンリ3世に宣戦布告。 カトリックのエライ人達 も王アンリ3世の殺害を公認。       王アンリ3世はユグノーと一緒に パリ郊外 でパリ奪還を準備。 んが、年8月1日「書状を持ってきましたー!」っとやって来たカトリック狂信者 ジャック・クレマン が王アンリ3世を殺害。. 詳細は「 ユグノー戦争 」を参照.

ルイ1世 ヴァンドーム伯 ( フランス語版 ). 絶望中の王アンリ4世は、愛人 カトリーヌ・アンリエット・ダントレーグ と結婚を約束。はぁ!? んが、年10月 マリー・ド・メディシス (摂政カトリーヌ・ド・メディシスの遠縁)と政略結婚。今回もやっぱり仮面夫婦。 この裏切りに愛人カトリーヌは激怒。. 母方祖父: ナバラ王 エンリケ2世 (アンリ・ダルブレ). フランソワ2世は 年 に早世し、弟 日進 市 市民 プール が即位する。本来ならブルボン家当主のアントワーヌが摂政を務めることになるが、この時は母后 カトリーヌ・ド・メディシス が摂政に就任し、アントワーヌは王国総代官(軍最高司令官職)となった [1] 。翌 年 に7歳のアンリは父に呼び寄せられて宮廷に入った [2] 。摂政カトリーヌはカトリックとプロテスタントの融和を図るものの、対立は更に激化してしまい、その最中に父がカトリックに寝返り改宗してしまう。熱心なプロテスタントの母ジャンヌは宮廷を去り、幼いアンリはカトリックに強制的に改宗させられた [3] 。.

母方曾祖母: ルイーズ・ド・サヴォワ. ルイ4世 ロテール ルイ5世

4 5242! 4 Weblio .

リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. 和英西仏語・海洋総合辞典 Anthology of ship model plans 航海訓練所 ライブ船舶マップ-AIS-.
  • ガブリエル・デストレ との間に死産を除き庶子3人を儲けている。. アンリ3世 フランス王.
  • 母方曾祖母: ナバラ女王 カタリナ (カトリーヌ・ド・フォワ).

関連語をあわせて調べる

アンリ4世 ブラバント公. この戦争は王アンリ4世が、国民には「スペインはフランス侵略したいからカトリックを応援してるんだぞー!」、ユグノーには「俺はカトリックに改宗したけどスペインの傀儡じゃないぞー!」と分からせるための戦争なんだそうです。 大人の世界だねぇ。. ウィキメディア・コモンズには、 アンリ4世 に関連する メディア および カテゴリ があります。. 父方曾祖母: マリー・ド・リュクサンブール. ロベール1世 アンリ4世は賢明で有能な君主であった。反対派貴族を武力で弾圧するのではなく、懐柔することに努め、そのためには賠償金の支払いさえ辞さなかった。さらに国民の生活状態を配慮する姿勢が評価されて絶大な人気を誇り、「良王アンリ」と呼ばれるようになる [20] 。. 行政面では、税の支払いの見返りに官職の世襲を保証する ポーレット法 を定め、また金融家から地域の税金を前借りして代わりに徴税を請け負わせる徴税請負人制度を作り、財政の再建に努めている [21] 。.

  • ナポレオン3世 — イングランド スペイン スペイン貴族 スコットランド フランス 身分.
  • フランス国王 年 - 年. イングランド スペイン スペイン貴族 スコットランド フランス 身分.

: 3. 1 2 1.

アンリ4世 (フランス王)

父 ヴァンドーム公アントワーヌ の家系はブルボン=ヴァンドーム家といい、元来 ブルボン家 でも傍系であったが、祖父 シャルル の時代に本流が断絶したためブルボン家家長となり、 ヴァロワ家 断絶後のフランス王位継承権を得ることになった。また、 カトリーヌ・ド・メディシス の母方の祖母 ジャンヌ・ド・ブルボン=ヴァンドーム はシャルルの父 ヴァンドーム伯フランソワ の姉であった。さらに、シャルルの妹 アントワネット は ギーズ公クロード に嫁いで嫡男 フランソワ や スコットランド 王妃 メアリー・オブ・ギーズ をもうけており、アンリ4世はフランソワ2世の王妃でもあったスコットランド女王 メアリー や、敵対関係にあった ギーズ公アンリ の又従弟でもあった。加えて、アントワーヌの母方の祖母 マルグリット・ド・ロレーヌ は ロレーヌ公 ルネ2世 の妹でギーズ公クロードの叔母に当たり、アンリ4世とギーズ家とは ロレーヌ家 の血を通じてもつながりがあった。なお、マルグリット・ド・ナヴァールの父 シャルル・ドルレアン と母 ルイーズ・ド・サヴォワ が共にブルボン家本流の血を引いている。また、ロレーヌ家との関係ではさらに、アンリ4世の妹 カトリーヌ がロレーヌ公 アンリ2世 (マルグリット・ド・ヴァロワらの甥にあたる)と結婚している。.

カトリック陣営はギーズ公アンリを首領とする カトリック同盟 を結成して巻き返し、またも戦争が再開する。 年 、王弟アランソン公 フランソワ の死に伴い、ナバラ王アンリは 筆頭王位継承権者 となった。宗教戦争にフランス王位継承問題もからみ、アンリ3世とカトリック同盟のギーズ公アンリ、そしてユグノー盟主のナバラ王アンリによる、 三アンリの戦い と呼ばれる様相を呈するようになった。. シャルル アングレーム伯. シャルル3世

4 5242. 4 430 4. 4 5 .

サン・ジェルマンの和議 ( ギーズ公は、キッパリとカトリックに味方しない王アンリ3世にイライラ。 アレコレやり過ぎて、お出かけ中(この辺分からなかったです)に王アンリ3世に「パリに戻ってくるな!」と命令されました。. こうなってくると王アンリ3世にとってギーズ公は脅威。 そんなわけで、12月23日「ちょっと腹を割って話し合おうよぉ」っとギーズ公をブロワ城に呼び出して殺害。 ルーアン大司教シャルル1世・ド・ブルボンも投獄。ギーズ公の跡取り息子 シャルル1世 も投獄。これからはユグノーと手を組むよぉ!. 父 ヴァンドーム公アントワーヌ の家系はブルボン=ヴァンドーム家といい、元来 ブルボン家 でも傍系であったが、祖父 シャルル の時代に本流が断絶したためブルボン家家長となり、 ヴァロワ家 断絶後のフランス王位継承権を得ることになった。また、 カトリーヌ・ド・メディシス の母方の祖母 ジャンヌ・ド・ブルボン=ヴァンドーム はシャルルの父 ヴァンドーム伯フランソワ の姉であった。さらに、シャルルの妹 アントワネット は ギーズ公クロード に嫁いで嫡男 フランソワ や スコットランド 王妃 メアリー・オブ・ギーズ をもうけており、アンリ4世はフランソワ2世の王妃でもあったスコットランド女王 メアリー や、敵対関係にあった ギーズ公アンリ の又従弟でもあった。加えて、アントワーヌの母方の祖母 マルグリット・ド・ロレーヌ は ロレーヌ公 ルネ2世 の妹でギーズ公クロードの叔母に当たり、アンリ4世とギーズ家とは ロレーヌ家 の血を通じてもつながりがあった。なお、マルグリット・ド・ナヴァールの父 シャルル・ドルレアン と母 ルイーズ・ド・サヴォワ が共にブルボン家本流の血を引いている。また、ロレーヌ家との関係ではさらに、アンリ4世の妹 カトリーヌ がロレーヌ公 アンリ2世 (マルグリット・ド・ヴァロワらの甥にあたる)と結婚している。.

アンリ4世がフランス王位に就くと、側近たちは後継者問題で再び内戦状態にならないためにもきちんとした後継者を残すよう提言した。アンリ4世はローマ教皇にマルグリットとの 結婚の無効 を認めてもらうことで、すでに3人の子供を生んでいる ガブリエル・デストレ を正式な妻に迎えたいと望んでいた [17] 。身分の問題から側近は反対したが、ガブリエルが 年 4月に急死したことで問題は立ち消えとなった。同年、教皇からマルグリットとの結婚が無効であったとの宣言が下され、 年 にアンリ4世は メディチ家 の マリー・ド・メディシス と結婚した。2人の間には6人の子が生まれている。だが、政略結婚である2人の仲は決して円満ではなく、多情なアンリ4世は多くの愛人を持ち、その数は56人以上に及んだとする説もある [18] 。アンリ4世は愛人の中でもとりわけアンリエット・ダントレーグを深く愛した [19] 。.

3 5 3 312 3 83 .

ギーズ公に振り回された王様

ジルベール モンパンシエ伯. 先代: フアナ3世. アンリ4世 ブラバント公. シャルルの母 マリー・ド・リュクサンブール は ルクセンブルク家 の最後の末裔であるが、 神聖ローマ皇帝 や ボヘミア王 の家系となった本流でなく、分家 リニー家 の子孫である。ジャンヌ・ダルブレの父方の祖母 カトリーヌ・ド・フォワ と母方の祖父 シャルル・ドルレアン は共に ボヘミア王ヨハン の娘 ボンヌ の血を引いているので、アンリ4世はルクセンブルク家本流とも血のつながりはあることになる。.

PNG 16…16 21 20 19 wikipedia.


Facebook
Twitter
コメント
Takane 12.09.2021 00:57 答える

父: ナバラ王およびヴァンドーム公 アントワーヌ・ド・ブルボン. 一覧参照 ルイ13世 エリザベート クリスティーヌ ニコラ・アンリ ガストン アンリエット・マリー.

Emiyo 16.09.2021 12:58 答える

シャルル3世

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 thestylewithin.net 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.